PROFILE

Trio Radiance(トリオ・ラディアンス)

「トリオ・ラディアンス(Trio Radiance)」は、石川県出身(埼玉県在住)のファゴット奏者・水本芳枝と、石川県在住(東京都出身)のオーボエ奏者今井絢子によって結成された、オーボエ・ファゴット・ピアノによる三重奏グループ。2人は、今年で結成7年目を迎える木管・ピアノによる室内楽グループ「アンサンブル・リュミエ」(首都圏を拠点に活動)で出会い、共に活動する間柄である。

トリオとしての活動は2年前に遡る。
オーボエ・今井の石川県移住を機に、2017年4月1日「アンサンブル・リュミエ トリオコンサート 金沢公演」(会場:ヤギヤ)を開催、初の金沢公演にもかかわらず満席となり、非常に好評を博した。
その後もアンサンブル・リュミエのメンバーとして活動を重ね、このたび石川県を拠点に置き活動する演奏グループとして、グループ名も新たにスタートを切るものである。

グループ名の「ラディアンス(Radiance)」は「輝き・光輝・発光」を意味し、地元に愛される演奏グループとなることを願い、北陸新幹線の名称「かがやき」よりヒントを得て名付けられた。

なお、ピアノ奏者は現在のところ石川県にゆかりのある演奏者が公演ごとに出演する形態をとっている。

Member Profile

オーボエ
今井 絢子(いまい あやこ)

東京都出身、石川県在住。
国立音楽大学附属高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学在学中、学内オーケストラやアンサンブルの演奏会へ選抜により出演。
大阪国際音楽コンクールファイナリスト。
これまでにオーボエを脇岡総一、小林裕、蠣崎耕三、浦丈彦の各氏に、室内楽を故 本間正史、浅野高瑛、藤井一興、二宮和子、三上桂子の各氏に師事。
現在は北陸と首都圏でソロ・室内楽等の演奏活動を行う傍ら、後進の指導にも力を注いでいる。
木管五重奏「ゆうなぎクインテット」、木管楽器とピアノの室内楽「アンサンブル・リュミエ」各メンバー。

ウェブサイト


ファゴット
水本 芳枝(みずもと よしえ)

石川県内灘町出身。13歳よりファゴットを始める。
石川県立金沢辰巳丘高等学校芸術コースを経て東京藝術大学音楽学部器楽学科ファゴット専攻に入学(県出身の木管楽器専攻としては史上初)、在学中より演奏活動を行う。現在は首都圏や北陸を中心にオーケストラ・室内楽等の演奏活動を行う傍ら、後進の指導にもあたる。
2013年、現在の居住地である埼玉県所沢市に縁のある演奏家を中心として木管楽器とピアノによる室内楽グループの立ち上げを呼びかけ、「アンサンブル・リュミエ」を結成。また一児の母としての立場も活かし、国内唯一のプロ・マザーズオーケストラ「オーケストラ・マミューズ」の立ち上げに携わるなど、通常のクラシックコンサートから親子向けなど各種コンサートの企画・運営も積極的に行っている。
これまでにファゴットを柳浦慎史、渡邉聖子、霧生吉秀、岡本正之の各氏に、室内楽を小畑善昭、村井祐児、湯川和雄の各氏に師事。
「アンサンブル・リュミエ」「オーケストラ・マミューズ」代表兼ファゴット奏者。
木管五重奏団「ゆうなぎクインテット」メンバー。

ウェブサイト


ピアノ
川畑夕姫(かわばた ゆうき)

富山県出身、七尾市在住。愛知県立芸術大学を経て、桐朋学園大学院大学修了。
JPTAピアノオーディション、日本クラシック音楽コンクールなど国内のコンクールにおいて入賞、入選。第16回北陸新人登竜門コンサートにて、井上道義指揮オーケストラ・アンサンブル金沢と共演。風と緑の楽都音楽祭出演。
これまでに寺井洋子、松本総一郎、三上桂子、若林顕、上田晴子、高田匡隆の各氏に師事。現在、石川県内で演奏活動や後進の指導にあたっている。